【セ&パ】日本の野球リーグの仕組みをおさらい

【セ&パ】日本の野球リーグの仕組みをおさらい

日本プロ野球はセパ2リーグ制を採用している。

日本のプロ野球はセントラルとパシフィックの2リーグ制をとっています。かつては「人気のセ、実力のパ」などと言われていましたが、近年の地域密着型球団経営によって各球団には若いファン層が定着し12球団で人気を分け合っているような群雄割拠の時代を迎えています。しかし、これらのリーグは交流戦や日本シリーズ以外では公式戦での対戦はなく、それぞれ切磋琢磨を繰り返している印象ですし、交流戦ではパ・リーグが総じて勝ち越すなど実力的にもお世辞でもふたつは拮抗しているとは言えないでしょう。では、なぜ現行の苔癬システムが始まったのでしょうか。

2リーグに分裂した1949年球界再編問題とはどんな事件か。

ふたつのリーグ成立の経緯を辿ると戦後まで話は遡ります。

当時の日本は野球は学生の趣味、とみる向きが強かったもののGHQによって民間に対し娯楽を与えるという目的のもと、神聖視されていた明治神宮外苑にある球場でのいち早いプロ野球試合挙行を許可しました。NHKによるテレビ放送も徐々にされるようになるなど、国を挙げて観戦するスポーツとしての野球を推し始めるようになったのです。

人気のさらなる拡大を見込んで、日本野球機構の改編案としてチーム数を増加させることが提案されました。しかし、既存球団からしてみればここまで育ててきたプロ野球にビジネスになるから、と参入されてはたまらないと新規球団の発足を拒み続けてきたこともあり、球団創設の申請が多くなるほどに両者の間の溝が深いことを目の当たりにする羽目になります。

結局のところ、1950年にセパの2リーグ制は始められることになったのですが、当初の「それぞれ10チームを抱える」という構想の実現は果たされず、現行と同じ6チームずつがそれぞれに所属することになりました。この2つの分け方に関しては、当時も盟主のような発言力を持っていた巨人軍と志を同じくした球団がセ、巨人と反目するライバル新聞社である毎日新聞のオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)を中心にパが形成されることになったのです。これは球界再編事件という一連の騒動として、日本プロ野球界に刻まれています。

セパではここが違う。

2リーグ制が発足してから50年以上が経過しましたが、セパそれぞれで特色のある運営をしています。両者では採用しているルールそのものに違いがあることはご存知でしょうか。

現状、両者の間に残っている最大の差異は「指名打者制の有無」です。指名打者とは一般に打撃が不得意とされ、また試合中最も忙しいポジションであるピッチャーを打席に立たせず、代わりに守備に就かない打撃専門の選手をスタメンへと組み込む制度のことです。現状、パシフィックのみが採用している制度ですが、勝負所で投手に代打を出さなくていいというメリットがあり、先発投手が長いイニングを投げられるために継投のタイミングを図りやすい点や、純粋に試合に出場する野手が一人増えるために戦力の育成という観点からしても多くのメリットを抱えています。

しかし、導入していないセでも投手の打席で誰を代打に出す、など戦略的な選択肢は増加するため、導入しているかどうかを一概に善悪で語れないことも難しく、そして面白いところではあります。
かつて、「予告先発制」を導入していたのはパだけでした。予告先発とは明日の試合で投げる先発投手を前日のうちに発表する、というものです。ファンとしては目当ての選手が投げるから球状に行こう、というモチベーションになることもあって嬉しい制度なのですが、球団としては敵方に研究されてしまうリスクのほうが大きく、これといってメリットのない制度であると言えます。近年ではセも導入し、球界全体での導入が果たされたのです。

2004年球界再編問題とはいったいとんな事件か。

1949年も球界再編問題がありましたが、2004年にもあったことはご存知でしょうか。

発端となったのは大阪近鉄バファローズが高騰する選手年俸の支払いが困難となったこともあって、オリックスブルーウェーブとの合併を発表したことです。どちらもパのチームですので合併した場合パ・リーグが5チームとなってしまいセパで不均衡が生じてしまうばかりではなく、他のチームも合併を希望したり1リーグへの統一を果たそうとする流れが形成されたのです。

結局、足りなくなったパに新規球団の参入を認める形で収束しましたが、野球選手の試合ボイコットや参入球団の可否を巡って揉めたり、様々な問題を引き起こしました。その時に露呈した各球団の本音だったのかもしれません。

これからのプロ野球はどうなるだろうか。
セパの間にあったルールや制度、実力の違いは徐々に埋められつつあります。現状セだから、パだからといって不均衡が生じていることはなく、各球団それぞれに持ち味と独自の戦略が垣間見えるのが現行プロ野球の楽しみです。それぞれに切磋琢磨しあい活躍する選手たちに焦点をあてると東京五輪、WBCなどの国際大会が楽しくなることでしょう。