今後の影響

今後の影響

2006年大会からのルール変更点

2006年大会からの主な変更点は次のとおり。

  • 第1ラウンド、第2ラウンドは総当たり方式リーグ戦からダブルイリミネート方式トーナメント戦へと変更。これにより失点率等が考慮される事は完全に無くなった。
  • 準決勝進出4ヶ国はクロスオーバー方式の組み合わせに変更。これにより第2ラウンドで対戦した相手と準決勝で対戦することは無くなった。
  • 投手の球数制限が見直された。1次ラウンドが70球(第1回大会では65球。以下同)、2次ラウンドが85球(80球)、準決勝と決勝では100球(95球)に緩和。
    但し、その制限球数が対戦している選手の対戦途中であった場合は、その選手の対戦終了まで投球はできる。また3連投以上は原則禁止とし、1試合50球以上の場合は中4日以上、1試合30球以上、ないしは30球に満たなくても2連投であった場合は中1日以上の間隔を開けるようにすることとなった。この規定は第1回大会のものと同様である。
  • 前回の第1ラウンド・第2ラウンドは、延長14回で引き分けのルールであったが、今回からタイブレークを導入。延長13回からとし、前の回の最後の打者とその前の打者を1・2塁に置き、無死1・2塁から打順を変えずにプレーを開始。決着がつくまで行う。
  • 試合前日に予告先発を行う。
  • ホームランにおいてビデオ判定を導入。
  • ベースコーチのヘルメット着用が義務化。

 

リアルタイム観戦

第2回大会の傾向と問題点、大会後の影響

ビジネス面における第1回大会からの前進

第2回大会は観客数や視聴者数などで第1回大会を上回る結果を見せた。総観客動員は前回の73万7112人から80万1408人へ約6万人の増加を見せ、決勝は大会史上最多の5万4846人の観客を集めた。1試合平均の視聴者数も前回から14%増の161万6000人となった。不況の煽りを受けて不安が挙げられていたスポンサーも26から56に増加した。 前進をみせた今大会であったが、集客力のある試合とそうでない試合の落差が大きいことが課題として残った。カナダで行われたトロントラウンドでは、カナダ対アメリカの試合には4万人を超す観衆が詰めかけた。しかし、その他の試合では約1万人程度の観衆であった。またバスケット全米大学選手権やそもそもの国際大会への無関心の影響で、米国内の話題を広く集められなかった状態は第2回大会でも続いた。 それでも、セリグ・コミッショナーは観客数やスポンサー数の増加を受けて「今大会は大成功だった」「野球の魅力と国際的な発展を示した」とコメントした。

同一試合の多さ

第1ラウンドと第2ラウンドにそれぞれダブルイリミネーション方式トーナメント戦を採用し、第1ラウンド上位2ヶ国が第2ラウンドでも同じ組に入ったため、結果として同一戦が多くなってしまった。決勝戦に進出した日本と韓国は大会中に9試合しているが、9試合中5試合は日本対韓国であったため、「日韓シリーズ」と揶揄された。日本と韓国を第2ラウンドでも同じ組に配置した理由として、第1回のWBCにおいて平均観客動員数が4万人を越えた人気カードの設定などの興行的理由が指摘された。結果として、WBCへの関心が高い日本と韓国が5試合も日韓戦を行ったことは、両国を盛り上げることになったが、多様な対戦カードが見られにくいことの問題点も残った。

大会後の影響

  • アメリカ代表が準決勝で日本代表に敗れたことがアメリカで大きな問題となった。AP通信は「米国の国民的娯楽(野球)が大きな打撃を受けた」と報じ、大リーグ公式ホームページは「決勝に進んだチーム(日本と韓国)から、我々は学ぶべき」とアメリカ代表チームの体制の不備を指摘した。
  • 優勝した日本では多数の日本国民がWBCに熱狂し、新聞の号外が出るなど大フィーバーとなった。また、日本戦のテレビ視聴率は全試合20%以上を記録した。スポンサーもセブン&アイ・ホールディングスや日本マクドナルドが優勝セールを行い、売れ行きも好調で日本マクドナルドは一日の売り上げ記録を更新した。宮本勝浩は今回の優勝による経済効果を550億円の可能性もあると試算している。
  • 優勝した日本代表が凱旋帰国した2009年3月25日から3月29日には、期間限定で東京タワーが日本国旗をイメージした紅白色にライトアップされた(おめでとう!侍JAPAN!スペシャルダイヤモンドヴェール)。また、ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルディングも、日本の優勝を称えて、日本国旗の色の紅白にライトアップされた。

テレビ・ラジオ放送

日本国内での放送

決勝戦の視聴率
地区 平均
視聴率
瞬間最高
視聴率
関東 36.4% 45.6%
関西 36.5% 44.5%
名古屋 34.4% 43.6%
札幌 45.0% 52.3%
北部九州 40.6%
3/24(火)10:35-14:48 TBS系(ビデオリサーチ調べ)

地上波テレビ放送では日本戦を全試合生中継、CS放送の「J SPORTS」では全試合を完全生中継。同局による中継では、フジファブリックの「Sugar!!」がテーマ曲として使用された。

東京ラウンドはテレビ朝日、サンディエゴラウンドはTBSが放送。また組み合わせに拘わらず、準決勝と決勝はTBSが放送。そのうちTBSが放送に携わったサンディエゴラウンド、準決勝および決勝の試合は日本時間では早朝もしくは午前中で行われたため、サンディエゴラウンドの日本戦(2度の日本対韓国戦以外)、準決勝(日本対アメリカ)、決勝の中継については生放送に加え、同日のゴールデン枠の番組を差し替えた「WBC緊急特番」と題した2時間枠のダイジェスト版が同局で放送された。いずれも各放送局をキー局とする全国ネットでの放送となる。テレビ朝日による中継ではSMAPの「弾丸ファイター」、TBSによる中継では、ジャーニーの「Separate Ways」がテーマ曲として使われた。

またラジオでは、東京ラウンドの日本対中国戦はニッポン放送、2試合目・3試合目はTBSラジオが、サンディエゴラウンド以降の日本代表戦はニッポン放送が中継。なおラジオでは、JRN/NRNの全国ネットは行われず、製作局以外は数局のみでの放送となる。

チーム応援グッズ