2組

2組

2009 ワールド・ベースボール・クラシック 2組は、ワールド・ベースボール・クラシック第2回大会の、マイアミで開催された第2ラウンド。2009年3月14日から3月18日にかけて行なわれ、会場はドルフィン・スタジアム。

C組の1位・2位とD組の1位・2位の4ヶ国が出場。ダブルエリミネート方式トーナメント戦にて試合を行い、上位2ヶ国(ゲーム4の勝者とゲーム5の勝者)がロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われる決勝トーナメントへ出場する。

第1日目(3月14日)

ゲーム1 13:00 (2時間22分、17,345人)

ベネズエラ 3 – 1 オランダ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オランダ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
ベネズエラ 1 0 0 1 0 0 0 1 x 3 3 2
  1. オ : ●ポンソン、コルデマンス、ニューマン、A・スミット – ジャンセン、S・デヨング
  2. ベ : ○シルバ、Y・ヘルナンデス、C・バスケス、F・ロドリゲス – Ra・ヘルナンデス、H・ブランコ
  3. 勝: カルロス・シルバ  敗: シドニー・ポンソン  S: フランシスコ・ロドリゲス
  4. 本:  ベ – M・カブレラ(1号1ラン・4回(ポンソン))、J・ロペス(1号1ラン・8回(ニューマン))

ゲーム2 20:00 (2時間15分、30,595人)

プエルトリコ 11 – 1 アメリカ合衆国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
アメリカ合衆国 0 0 0 0 1 0 0 1 6 0
プエルトリコ 2 4 0 0 1 0 4x 11 13 0
  1. ※7回コールド(7回終了時に、10点以上得点差がついたため)
  2. ア : ●ピービー、ハンラハン、グラボウ、ベル、J.J.プッツ、ソーントン – マッキャン
  3. プ : ○J・バスケス、N・フィゲロア、J・ロペス、S・リベラ – I・ロドリゲス
  4. 勝: ハビアー・バスケス  敗: ジェイク・ピービー
  5. 本:  プ – F・ロペス(1号2ラン・2回(ピービー))、C・ベルトラン(1号1ラン・7回(ソーントン))
リアルタイム観戦
  • 洗濯から乾燥までコインランドリーノンストップ運転
  • 辰巳法律研究所では、通信教育講義も行なっております。ご不明点ありましたら、お気軽にお問い合わせください。
  • 新宿 居酒屋で、好評の料理を食べながらの宴会・合コン・女子会はいかがでしょうか?完璧な宴会をお望みならぜひこちらまで♪

2組

第2日目(3月15日)

ゲーム3 19:30 (3時間14分、11,059人)

アメリカ合衆国 9 – 3 オランダ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オランダ 0 0 0 0 0 0 1 2 0 3 12 1
アメリカ合衆国 1 2 0 3 1 1 0 1 x 9 12 1
  1. オ : ●バンデンハーク、スルバラン、ファンカッペン、バーグマン、マークウェル、ボイド、ニューマン、ファンドリエル – ジャンセン、S・デヨング
  2. ア : ○オズワルト、ホーキンス、シールズ、ジーグラー、リンドストロム、グラボウ、ブロクストン – アイアネッタ
  3. 勝: ロイ・オズワルト  敗: リック・バンデンハーク
  4. 本:  オ – エンゲルハルト(1号1ラン・8回(リンドストロム))  ア – ロリンズ(1号2ラン・2回(バンデンハーク))

第3日目(3月16日)

ゲーム4 20:00 (3時間23分、25,599人)

プエルトリコ 0 – 2 ベネズエラ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ベネズエラ 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 8 0
プエルトリコ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
  1. ベ : ○F・ヘルナンデス、C・バスケス、En・ゴンザレス、R・ラミレス、F・ロドリゲス – Ra・ヘルナンデス、H・ブランコ
  2. プ : ●スネル、G・アルバラード、J.C.ロメロ、S・リベラ、F・カブレラ、P・フェリシアーノ – Y・モリーナ
  3. 勝: フェリックス・ヘルナンデス  敗: イアン・スネル  S: フランシスコ・ロドリゲス
  4. 本:  ベ – Ra・ヘルナンデス(1号1ラン・7回(アルバラード))

第4日目(3月17日)

ゲーム5 19:00 (3時間54分、13,224人)

アメリカ合衆国 6 – 5 プエルトリコ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
プエルトリコ 0 1 0 2 0 1 0 0 1 5 5 1
アメリカ合衆国 0 2 1 0 0 0 0 0 3x 6 10 0
  1. プ : サンチェス、N・フィゲロア、J・ロペス、P・フェリシアーノ、S・リベラ、●J.C.ロメロ、F・カブレラ – ソト、Y・モリーナ
  2. ア : リリー、ハンラハン、ソーントン、ベル、シールズ、J.J.プッツ、○ブロクストン – マッキャン
  3. 勝: ジョナサン・ブロクストン  敗: J.C.ロメロ
  4. 本:  プ – リオス(1号1ラン・2回(リリー))、デルガド(1号2ラン・4回(リリー))  ア – ユーキリス(1号1ラン・3回(サンチェス))

第5日目(3月18日)

ゲーム6 19:00 (3時間32分、16,575人)

ベネズエラ 10 – 6 アメリカ合衆国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 0 1 1 1 2 1 0 0 0 6 12 3
ベネズエラ 0 6 0 1 0 3 0 0 x 10 15 1
  1. ア : ●ガスリー、J.P.ハウエル、グラボウ、ジーグラー、ホーキンス、ベル、ハンラハン – アイアネッタ
  2. ベ : ○ガララーガ、R・ラミレス、C・バスケス、V・モレノ、O・モレノ、F・ロドリゲス – H・ブランコ
  3. 勝: アーマンド・ガララーガ  敗: ジェレミー・ガスリー
  4. 本:  ア – マーク・デローサ(1号2ラン・5回(R・ラミレス))  ベ – マックス・ラミレス(1号3ラン・6回(ホーキンス))
チーム応援グッズ
  • 体幹から四肢への脈絡の流れを良くし、脈絡改善によって各症状の改善を期待する健康法を名古屋 整体で体感してみてはいかがでしょうか?