WBCの開催国とその背景

WBCとは「ワールド・ベースボール・クラシック」の略称であり、2006年に第1回が開催されてから、様々な国で行われてきました。WBCでは、開催国について他の国際大会とは異なるルールを設けています。

今回はこれまでのWBCがどこで開催されてきたのかを、その背景と共に紹介します。

WBCの開催地の決め方

WBCはオリンピックなどの国際大会とは異なり、複数の国によって共同で開催されます。そのため、開催国は1つの国に絞られずに、複数の国による”共同開催”という形をとります。

予選は開催国のいずれかで開催され、これまで日本の東京ドームなどでも予選が行われてきました。以下がこれまでのWBCの開催国です。

2006年第1回大会:米国、日本、プエルトリコ
2009年第2回大会:米国、日本、プエルトリコ、メキシコ、カナダ
2013年第3回大会:米国、日本、プエルトリコ、台湾
2017年第4回大会:米国、日本、韓国、メキシコ

このように予選は複数の国で開催されますが、決勝や決勝リーグは、過去4大会とも全て米国にて開催されています。これはWBCという大会を作ったのがアメリカであるからであり、今後も決勝はアメリカで行われることが予想されています。

ちまみにこれまではアメリカの以下の会場で、決勝戦が開催されました。

2006年第1回大会:ペトコ・パーク
2009年第2回大会:ドジャー・スタジアム
2013年第3回大会:AT&Tパーク
2017年第4回大会:ドジャー・スタジアム

WBCを行うメリット

これまで決勝戦はアメリカで行われてきましたが、他の共同開催国も自国で決勝を行うことを希望しています。
これには以下のような理由があります。

1.自国への旅行者の増加

WBCは世界中で知名度の高い大会であり、決勝戦を観に現地に行く人がたくさんいます。そうすると、開催国の観光業における収益が増えることとなります。また、広告費による収入も大きく期待することができます。

このように観光客の増加により自国の経済を潤わせることができるため、WBCを行うメリットがあるといえます。

2.野球の注目度の向上

WBCなど世界的に大きな大会が行われる理由には、そのスポーツの競技人口を増やしたいという狙いがあります。競技人口が増えればスターが上がる可能性が高まり、その国の存在感を強めてくれます。

WBCが開催されればニュースなどで必然的にそのスポーツについて知る機会が増えるので、興味を持つ人も増えますよね。

実際にこういった国際大会をきっかけにスポーツを始める人は少なくありません。そのため、WBCを自国で開催することで、そのスポーツ自体の人気を高めることができるのです。