WBSCベースボール世界ランク更新!『プレミア12』制覇の日本は…?


日本とアメリカのポイント差が大幅に拡大

現地時間16日、世界野球ソフトボール連盟はWBSCベースボール世界ランキングを更新した。

日本は、前回の時点で2位アメリカと「231」ポイント差をつけて首位だった。

そして今回、『プレミア12』でチャンピオンになったことで、その差は「1451」ポイントにまで広がり、言葉通り「首位独走状態」に入っている。

続く3位には韓国、4位にはチャイニーズ・タイペイとアジア勢が続き、プレミア12で3位に入ったメキシコが5位にランクアップした。一方で前回5位だったキューバは8位までランクダウン。

さて、今回のWBSCベースボール世界ランキングでは新しくアフリカの7カ国を筆頭に10カ国が加わった。

新しく加わった10か国は以下の通り。

アフリカのウガンダ(49位)、ジンバブエ(53位)、ブルキナファソ(57位)、ケニア(62位)、ナイジェリア(70位)、タンザニア(73位タイ)、ガーナ(73位タイ)と、オセアニアのフィジー(72位)とパラオ(82位)、アジアからもバングラデシュ(79位)

これにより、WBSCベースボール世界ランキングは過去最高の85か国がランクイン。

今回のランキング発表を受けて、アメリカベースボール専門誌「ベースボール・アメリカ」のエディターを務めるJJ・クーパーは、以下のようにコメント。

「日本がWBSCの最新版男子野球世界ランキングで首位に。米国は2位で現状維持。しかし、米国(2位)と豪州(6位)の差は、日本と米国よりも少ない」

そんな最新のWBSCベースボール世界ランキングは以下の通り!なお、日本はランキング首位の状態で東京オリンピックを迎えることとなる。wbc 開催地

1位:日本(6127)
2位:アメリカ(4676)
3位:韓国(4622)
4位:チャイニーズ・タイペイ(4352)
5位:メキシコ(3375)↑
6位:オーストラリア(3249)↑
7位:オランダ(2690)↑
8位:キューバ(2641)↓
9位:ベネズエラ(2624)
10位:ドミニカ(2512)↑
11位:プエルトリコ(2013
12位:カナダ(1873)↓