WBSCベースボール世界ランク発表!日本は米国に1491ポイント差をつけて首位

プレミア12覇者の日本は首位キープ

現地時間18日、世界野球ソフトボール連盟は最新のWBSCベースボール世界ランキングを更新した。

U-23ワールドカップのアメリカ大陸予選で好成績を残した中南米勢が軒並み順位を上げた今回の「WBSCベースボール世界ランキング」。

「第2回 WBSCプレミア12でチャンピオンとなった稲葉篤紀監督率いる野球日本代表「侍ジャパン」は、2位のアメリカに1491ポイントをつけて首位をキープした。

昨年末の時点ではたったの230ポイント差しかなかった日本とアメリカだが、WBSCプレミア12で優勝したことでこれだけ大きなポイント差がついた。

尚、日本とアメリカに次ぐ3位以下は韓国、チャイニーズ・タイペイ、メキシコ、オーストラリアとなっている。wbc 開催地

今回の発表でもっともジャンプアップしたのは、U-15オセアニア選手権を制したグアムで、16カ国を抜いて36位までランクアップしている。

さて、そんな注目のWBSC世界ランキングトップ50は以下の通り!

1位–[6167]–日本
2位–[4676]–アメリカ
3位–[4648]–韓国
4位–[4385]–台湾
5位–[3375]–メキシコ
6位–[3249]–オーストラリア
7位–[2751]–キューバ△1
8位–[2724]–ベネズエラ△1
9位–[2690]–オランダ▼2
10位–[2583]–ドミニカ共和国
11位–[2013]–プエルトリコ
12位–[1875]–パナマ△1
13位–[1873]–カナダ▼1
14位–[1637]–コロンビア
15位–[1509]–ニカラグア
16位–[1268]–チェコ
17位–[1202]–イタリア
18位–[1028]–イスラエル
19位–[766]–ドイツ
20位–[719]–スペイン
21位–[703]–ブラジル△1
22位–[695]–中国▼1
23位–[621]–アルゼンチン△1
24位–[578]–南アフリカ▼1
25位–[494]–フランス
26位–[372]–ベルギー
27位–[323]–パキスタン
28位–[309]–ロシア
29位–[294]–オーストリア
30位–[279]–香港
31位–[273]–イギリス
32位–[231]–フィリピン
33位–[211]–ウクライナ
34位–[208]–リトアニア
35位–[165]–スロバキア
36位–[157]–グアム△16
37位–[156]–スリランカ▼1
38位–[150]–ポーランド▼1
39位–[145]–ニュージーランド△9
40位–[144]–ギリシャ▼2
41位–[142]–クロアチア▼3
41位–[142]–ペルー△2
43位–[131]–インドネシア▼3
44位–[128]–アイルランド▼3
45位–[126]–セルビア▼3
46位–[117]–スウェーデン▼2
47位–[115]–ホンジュラス△7
48位–[109]–ベラルーシ▼3
49位–[108]–ルーマニア▼3
50位–[104]–スイス▼3