占いスピ部
キニナル噂の『占い・開運・スピリチュアル』情報をお届け中
開運

後厄の怖さ!男・女で何が起きる?結婚~出産や家族に影響も?お祓いや気をつけることは?

こんにちは、まじかるです^^

誰にでも順番に訪れる厄年ですが、中でも後厄が一番怖いという噂があるのをご存知でしょうか?

後厄の怖さとは何か?男の後厄、女の後厄では何が起きるのか?詳細が気になるところです。

ということで、今回は、後厄の怖さや起こることを男女別に調査し、さらに、結婚~出産や家族への影響お祓いや気をつけることについても調べてみます!

それでは早速、いってみましょう♪

後厄が一番怖い理由

本厄よりも後厄が一番怖い理由は、本厄が終わるとホッとして気が抜け、また、本厄中の疲弊も蓄積しているため、病気やケガなどアクシデントに見舞われやすいということです。

大厄で幸運に恵まれた人ほどその後の生活が緩みがちなるので、特に注意が必要になります。

後厄は生活環境や体調面に変化(例:事故、ケガ、体調不良、不妊、流産、身内の不幸、別れ、災難など)の出やすい時期なので、本厄が抜けても気を抜かないようにするのがポイントです。


出典:https://unsplash.com/

また、後厄は何か新しいことを始めるのにも適さない時期なので、起業、転職、引っ越などもできれば避けた方が無難です。

後厄は現状維持で静かに過ごし、厄年が完全に明けてから新しいことを始めるのが良さそうですね。

後厄の怖さ・何が起きる

本厄よりも後厄が怖いということで、後厄では何が起きるのか?男女別にそれぞれみていきたいと思います。


男性の後厄は26才、43才、62才です。後厄は本厄の翌年で本厄が分かれば、翌年ということになりますね。

男性の後厄で起こりうることとしては、体調不良・交通事故・怪我などが挙げられます。新車を購入してもらい事故という可能性もあるので注意が必要です。

しかし、後厄だからといって必要以上に心配すると返ってストレスにもなりますので、過剰に反応せず、出来る限り穏便に過ごすことがベストなようです。


女性の後厄は20才、34才、38才と言われています。

女性の場合、特に30代の後厄の時期は年齢的にも身体・体調面の変化が出やすい時期なので、無理をするとメンタル・フィジカルのバランスを崩す可能性があるので注意が必要です。

家を建てる、長期旅行、転職など新しいことを始めるのは、仕事でもプライベートでもなるべく避けた方が無難なようです。

男女ともに、後厄を必要以上に恐れるのはストレスになりますので、どうしても不安な場合は、厄払いをするのが良いかもしれません。

後厄は結婚・妊娠・出産に影響する?


出典:https://unsplash.com/

次に、女性の結婚・妊娠・出産について後厄の影響をチェックしてみます。

女性の場合、30代のほとんどが厄年に該当するため、結婚や出産することに関して心配される方が多いと思います。

諸説がありますが、一般的には結婚・妊娠・出産は縁起の良いことなので、厄年とは別として、前向きに捉えて良いようです。

厄年が理由で結婚を延期するというのも、せっかくのご縁を自ら壊してしまうようでもったいないことですよね。

前厄・後厄を含む厄年で結婚や出産が不安と考えるよりも、希望ある人生のイベントとして前向きに捉えることで運気も好転するはずです。

厄年・後厄の家族への影響とは?


結論から言うと、厄年は家族への影響もあると言われています。一番は本人への影響ですが、少なからず身近な家族も影響を受けることがあるようです。

私の場合、自分の厄年の時に祖父や両親が病気をしたり急死したりと、かなり辛い思いをしました・・・神社のおみくじも凶だったり、全体的に悪いことが続いていた感じです。

厄年の影響で、このように家族にも不幸があるケースもあるようですね。

厄年は必ず誰にでもやってきますし、期間中は意識することで、自分でも体調を管理できる部分はあるでしょう。

また、家族の場合は、少しでも具合が悪かったらすぐ病院に連れていくなどして、家族の健康管理をするのも厄年の不幸を最小限に抑える手段だと思います。

後厄で厄払いは必要?お祓いや気をつけることは?

厄払いをする・しないは人それぞれですが、後厄の影響が心配な人は、お祓い・厄払いをするのは1つの手段だと思います。

厄年で不運に見舞われたり体調を崩す人もいますので、「除災招福」というテーマで厄払いを試してみると良いでしょう。

その他、お祓い・厄払い以外に、後厄の過ごし方として、気をつけることを下記にまとめてみました。

【後厄の過ごし方】

  • 新しいことを始めるのはなるべく避ける
  • 規則正しいバランスの良い食生活をする
  • 部屋の掃除をして、整理整頓を心がける
  • 本厄後も油断せず、注意しながら過ごす

その他、後厄の対策として、ネックレスやマフラーなど長いものを身につけると運気が上がるので良いとされています。

後厄の怖さが気になる方は、ぜひこちらも試してみてくださいね♪

まとめ

今回は、後厄の怖さ!男・女で何が起きる?結婚~出産や家族に影響も?お祓いや気をつけることは?というテーマでお届けしました。

  • 後厄の怖さ(男):事故・病気・体調不良
  • 後厄の怖さ(女):体の変わり目からの体調・メンタル不調
  • 厄年に結婚〜出産は?:前向きに捉えるとよい
  • 厄年の家族への影響:ある場合も多い
  • 後厄で気をつけること:本厄後も油断せず過ごす。掃除や整理整頓、規則正しい食事が大切
大神神社は怖いし恐ろしい!ブレスレットの効果は?不思議な写真やスピリチュアル体験談!呼ばれる人の特徴もこんにちは、まじかるです^^ 奈良県にある大神神社(おおみわじんじゃ)をご存知でしょうか。 大神神社はパワースポットで有名ですが、一...

今後も、開運・スピリチュアルに関する情報を発信していきます。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます♪

それでは、また^^